道路交通法改正でながらスマホへの罰金3倍?R元年12月1日より

ドライバーの皆様へお知らせです。

「ながらスマホ」での交通事故は年々増えています。

ほんの一瞬のつもりでも、その一瞬のためにとりかえしのつかない事故を起こしてしまうのは、悲しいし怖いですね。

様々な注意喚起がされていますが、年々増えているのが現状です。

そんな中、R元年12月1日より道路交通法が改正され、罰則が強化されました。内容は

  • 罰則金3倍
  • 違反点数3倍
  • 場合によっては一発免停

というものになっています。具体的にまとめていきます!

私もドライバーの一人です。
罰則があるからという事だけではありませんが、これをきっかけに気を付けよう、というドライバーさんが増えてくれたら良いなと思います。もちろん私もです。


「ながらスマホ」とは

携帯電話での通話はもちろん、スマホやタブレットなどの「画面の注視」により、注意がそれてしまう事を指します。カーナビによる画面の注視での事故もかなり増えているそうです。

カーナビによる注視も含まれます。

 

ながらスマホの危険性

仮に2秒間スマホの画面を注視したとします。たった2秒間と思うかもしれませんが、その2秒間で、時速60㎞で走っていた車は約33.3メートル進むそうです。

引用元 https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/keitai/info.html

もし事故を起こした場合、ブレーキを踏んだところからどこまで進んでいたかで大体時速何キロ出ていたか、という事も計算できます。

 

実際の内容は?「保持」「危険運転」の違い

保持

保持とは、実際事故は起こしていないけれど運転中に使っていた、という場合です

(改正前)
罰  則 5万円以下の罰金
反 則 金  大型車7千円、普通車6千円、二輪車6千円、原付車5千円
基礎点数 1点

(改正後)
罰  則 6月以下の懲役又は10万円以下の罰金
反 則 金 大型車2万5千円、普通車1万8千円、二輪車1万5千円、原付車1万2千円
基礎点数 3点

反則金が改正前の約3倍。点数も3倍引かれます!

 

「危険運転」

「危険運転」は、それによって事故をおこしかけた、という実際危険に陥ってしまった場合です。

(改正前)
罰  則 3月以下の懲役又は5万円以下の罰金
反 則 金  大型車1万2千円、普通車9千円、二輪車7千円、原付車6千円
基礎点数 2点

(改正後)
罰  則 1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
反 則 金 適用なし
基礎点数 6点(←免停)

反則金という制度がなくなり、刑事事件として扱われ裁判になる可能性もあります

厳しめに感じるかもしれませんが、それだけながらスマホが危険という事です。実際に死亡事故もでているので、通話やスマホアプリで事故など、防げる事故は気を付けたいですね。



おまけ 運転免許の再交付要件が緩和!

ながらスマホとは全く関係がありませんが、同じくR元年12月1日より

「苗字が変わった」「住所が変わった」という理由でも再交付の申請が可能になりました!

私の免許証も、現在も以前の姓のままで裏に変更が記載されています。

結婚したなどで苗字が変わった人には嬉しいかもしれませんが、おそらく申請すると通常の手順と同じ方法で再発行になると思うので、料金がかかる、時間がかかるなどの手間はあるのではないかと思います。