無料のお絵かきアプリのおすすめ!「アイビスペイント」の魅力を紹介

もめ
デジタルでお絵描きしてみたいけど、有料のアプリしかないのかなぁ~?

そんなことはありませんよ!もちろん有料のものを使えばできる事はた~くさん。やりやすさも違います。でも、そもそもお絵かきソフトの機能って最初はちょっとややこしいです。まずは無料のアプリでお試ししてみませんか?

え、無料でこんなに使えるの!?というお絵かきアプリ、>アイビスペイント<。とにかく使いやすいので、どんなところがいいのか紹介していきます!

*こんな方におすすめの記事です*

  • 無料のお絵かきアプリ探している人
  • お絵かきアプリ初心者の人
  • アイビスペイントの何がいいのか知りたい人

アイビスペイント自体は、本格的に絵を描いてみたい人向けのアプリになっています。
他にも>お絵かきについての記事はこちら<


アイビスペイントのおすすめポイントは?

まずはアイビスペントのおすすめポイントを紹介します。

  • 無料で使える(一部課金が必要ですが、しなくても全然使える!)
  • アナログ線画を写真で簡単に取り込める
  • アイコンが見やすく、サイズ選びもわかりやすい!
  • コマ割りや文字入れ、無料の背景素材まである!
  • 特別な道具がいらない

初心者には嬉しい機能ばかりです!順番にご紹介していきます。

アイビスは無料で使えるお絵かきソフト

アイビスペイントはダウンロードはもちろん、 基本的なものは無料で使えます!全部無料で使うには広告を見なければいけませんが、さほど面倒ではありません。

↓こんな感じです。 鍵付きの物は、広告を見る事ですべて無料で使えます!


ペンは全部で300種類以上もあるので、使いたいペンが無ければ見る必要はありませんし、一度見れば18時間ずっと全部使えるので、さほど気になりません。18時間過ぎたらまた広告を見れば使えます!

ただし、素材の一部については、月額を払わなければ使えません。
↓この灰色の鍵がついている方です。

このほかにも使える素材はたくさん用意されていますので、無理に課金する必要はないかなと思います

ひろくん(旦那
いちいち広告を見るのは面倒だな~
もめ
その場合は、月額を払えばずっと使えるようにもなるよ!ちょっともったいない気もしちゃうけどね…



アナログ線画を写真で簡単に取り込める


アイビスペイントには線画を抽出する機能がついているので、アナログから初めて移行する方も入りやすいと思います。私も最初これが嬉しくてアイビスを始めました。

*線画の抽出とは*
線画として、透過処理して読み取ってくれる機能です

最初はこれで着色から初めて、慣れてきたらアプリでラフから描いても良いと思います!

見やすいアイコンと分かりやすいサイズ選び

アイビスのキャンパスは、とても多機能なのに見やすい画面になっていると思います。こんな感じです↓

少し慣れは必要ですが、いじれば何がどこにあるかすぐ覚えられると思います!
アイビスの画面の詳しい使い方についてはこちらで詳しく紹介しています>>アイビスペイントの使い方①<<
まずはサイズです。↓新規で作成する時の画面なのですが、選べる種類が豊富で作りやすいです!

何よりうれしくて楽しかったのは素材やスタンプが豊富な事です!右上の4つのアイコンから、一番右の画像をタッチすると出てきます↓

「和柄」をクリックするとさらに和柄素材が出てきます!課金で使えないものも結構ありますが、和柄だけで114種類も素材が入っています!この下にもスクロールすればまだまだあります。

↓漫画を描くにも、最低限の素材が入っています!

もめ
見てるだけでわくわくする~!

これが無料なら、一度使ってみて絶対損はないと思います!



特別な道具がいらない

板タブ・液タブ・ペンタブなどなくても、指一本で使えます!イキナリ道具を買うのはなぁ…っていう方でもとりあえずチャレンジできるし、指でもハイクオリティーなイラストを描かれている方もたくさんいらっしゃいます。

↓こちらは公式のメイキング動画です↓

 

クリスタに移行しやすい

アイビスは無料のソフトですが、クリスタに移行しようと思った場合にも便利です。
「クリスタ」=CLIPSTUDIO

こちらは有料のお絵かきソフト。お絵かきソフトの中ではとても人気で、一番使われているソフトとしても有名です。アイビスで物足りなくなりクリスタに移行したくなっても、アイビスはクリスタと連携しているので、ここで描いたものをレイヤーごとクリスタに移行することができます!

クリスタが有料だから全部の絵がクリスタの方が良い、ということはないと思います。描き心地が全然ちがうので、描きたいものによって使い分けている絵描きさんは多いとおもいます!

クリスタで描いたものはアイビスに移行できませんので注意です。

アイビスペイントでできないこと

ここまで使いやすさや良いところを紹介してきましたが、できなくて困っている事も紹介します。

  • レイヤーに名前をつけられない
  • レイヤーをフォルダ分けできない

レイヤーを枚数使わないうちはいいのですが、枚数が20、30…と増えてくると見づらいし、探しづらいです。

表情などの差分を作っている時が一番困るかもしれません。

私はあまり細かな機能を使わないので、また出てきたら追記していきますね!最近アップデートされて、フィルターが少し使いにくくなった、なんて口コミもみかけました。

指じゃ無理…って人には

やってみたんだけど、指じゃ無理!!って方もいますよね。指以外にも、こんな道具があるよっていう記事もありますので、よければ参考にしてください^^

デジ絵始めるのに必要な道具は?あなたのデジ絵を0→1へ

 

ここまでお読みいただきありがとうございました!